1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 現在(いま)を生きるための健生学:堀 エリカ
カリキュラム

現在(いま)を生きるための健生学:堀 エリカ

3. セカンドステージ設計科目群

科目コード/科目名 OG350/現在(いま)を生きるための健生学
担当者(フリガナ) 堀 エリカ(ホリ エリカ)
開講日程・時限 秋学期・木曜日・4時限
授業方式 対面
単位数 2単位
備考 履修人数制限あり
授業支援システム 立教時間
授業の目標 人生80 年の現代社会において、大きなライフテーマとなる「最期の瞬間を迎えるまで如何に健やかに生きるか」について、広義な意味における「健康」や「医療」の視点から学ぶ時間を持ち、健やかに生きるための思索を深める。
授業の内容

私たちが健やかな人生を送るために、日々の生活の中で向かい合うべき処々の課題の中から、本授業においては次の4つに焦点を当て考察を行う。

①自らの心身の状態把握と調整
②家族や周囲の人の心身への理解と寄り添い
③医療への理解と主体的な受け方
④人生の最終章である「死」についての理解

授業計画
  1.  9/30 イントロダクション & ヘルスリテラシー
    (情報真偽の見極め)
  2.  10/14 ユーモアのレッスン
    (生活におけるユーモアと笑いの効用)
  3.  10/21 現代若者こころ学
    (孫・子世代のこころの理解と寄り添い)
  4.  10/28 健康づくりのためのヘルスチェック
    (病気予防と生活習慣)
  5.  11/11 病院の選び方とかかり方
    (選択の視点、セカンドオピニオン)
  6.  11/18 医療コミュニケーション
    (医療者と患者との間に生じるズレ)
  7.  11/25 医療の意思決定
    (意思決定過程、インフォームドコンセント)
  8.  12/2 生命倫理(法医学と命)
  9.  12/9 「死」とは何か
    (キューブラー・ロス氏の死に逝く人との対話)
  10.  12/16 死の準備教育(遺される(た)人の心理プロセス)
  11.  12/23 死の疑似体験ワーク
  12.  1/13 予備
  13.  1/20 まとめ

*時事問題やゲスト講師招聘等により、計画変更の可能性あり

成績評価方法 平常点およびレポート試験の総合評価
講義中に直接使用する教科書  
上記教科書以外の参考図書 講義中に適宜紹介
その他(HP等)  
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU