1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 現代社会と民法:野澤 正充
カリキュラム

現代社会と民法:野澤 正充

1. エイジング社会の教養科目群

科目コード/科目名 OG236/現代社会と民法
担当者(フリガナ) 野澤 正充(ノザワ マサミチ)
開講日程・時限 春学期・金曜日・1時限
授業方式 オンライン
単位数 2単位
備考  
授業支援システム 立教時間
授業の目標 この授業では、これまで法律と関わってこなかった受講生が、論理的に物事を考える力を養うとともに、日常生活に身近な民法をとおして、社会を見る力を養うことを目的とする。
授業の内容 この授業では、「民法」という法律の成立・歴史を縦軸に、その基礎的な知識を横軸として講義するとともに、できる限り具体的な事例をとおして、法的な物事の考え方や社会の見方を身に付ける。かつて法学部で民法を学んだ方はもちろん、これまでの人生において全く法律と縁がなかった受講生でも、充分に理解できる内容とするつもりである。
なお、下記の授業計画はあくまで予定であり、適宜、変更する。
授業計画
  1.  4/16 ガイダンス・民法の源流
  2.  4/23 契約の自由とその限界
  3.  4/30 約款とその拘束力
  4.  5/7 事情変更の原則
  5.  5/14 契約交渉の不当破棄
  6.  5/21 情報の提供①-日照権・眺望権
  7.  5/28 情報の提供②-マンション値引き訴訟
  8.  6/4 契約の成立
  9.  6/11 ケア付きマンション売買契約の解除
  10.  6/18 売買と手付け
  11.  6/25 投資と民法-不動産小口化商品
  12.  7/2 公害訴訟-大気汚染
  13.  7/9 認知症と監護-JR東海事件
  14.  7/16 民法の改正
成績評価方法 平常点による評価
講義中に直接使用する教科書 野澤正充、2020年、『契約法-セカンドステージ債権法Ⅰ(第3版)』、日本評論社、2700円(税別)
上記教科書以外の参考図書 『デイリー六法(令和3年版)』、三省堂、1900円(税別)。
(ほかの六法でもよい)
その他(HP等)  
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU