1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 現代美術に親しむ:菊池 敏直
カリキュラム

現代美術に親しむ:菊池 敏直

1. エイジング社会の教養科目群

科目コード/科目名 OG160/現代美術に親しむ
担当者(フリガナ) 菊池 敏直(キクチ トシナオ)
開講日程・時限 秋学期・水曜日・2時限
授業方式 オンライン
単位数 2単位
備考  
授業支援システム 立教時間
授業の目標 美術/アートは、美術館やギャラリーだけでなく日常のどこにもあります。もはや日常そのもの?のスマホだってデザインされたアート。“特別じゃない”美術に私が「近づく、踏込む」ことが目標です。
授業の内容 即答できない“問い”に接したときの常套句「ワカラナイ」、で即検索。ワカル?それでも「何が、どう、何故」と問いを重ねる、踏込む。美術という問いは、見ている、触っている、感じている、作品が“問いであり答え”です。自分史や20世紀美術を振り返りながら、“美術とワタシの関係”を探りましょう。「本当にうまく質問できたら、もう答えは要らないのですよ。(略)」という小林秀雄の言葉に習って。
授業計画
  1.  9/22 自分史の中の美術
  2.  9/29 鳥の声
  3.  10/6 作品とモノと表現とワタシ
  4.  10/13 20世紀美術 略説①
  5.  10/27 鳥の声を見る
  6.  11/10 〇▽□
  7.  11/17 20世紀美術 略説②
  8.  11/24 カンガエナイでつくる
  9.  12/1 嗜好と思考と志向①
  10.  12/8 嗜好と思考と志向②
  11.  12/15 水のカタチと鏡
  12.  12/22 20世紀美術 略説③
  13.  1/12 天安門とブランデンブルグ門
  14.  1/19 RE自分史と美術

*テーマが前後することあり

成績評価方法 平常点による評価
講義中に直接使用する教科書  
上記教科書以外の参考図書 暮沢剛巳、2009、『現代美術のキーワード100』、ちくま新書。
その他(HP等)  
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU