1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 古典として読む旧約聖書:月本 昭男
カリキュラム

古典として読む旧約聖書:月本 昭男

1. エイジング社会の教養科目群

科目コード/科目名 OG132/古典として読む旧約聖書
担当者(フリガナ) 月本 昭男(ツキモト アキオ)
開講日程・時限 春学期・水曜日・5時限
授業形式 対面
単位数 2単位
備考 履修人数制限あり
授業支援システム 立教時間
授業の目標 旧約聖書は、キリスト教以前に成立した古代イスラエルの民の歴史と信仰の記録です。それがユダヤ教の聖書になり、キリスト教成立の土壌となりました。この講義ではそのような旧約聖書の思想と信仰を学んでゆきます。
授業の内容 旧約聖書には大小39の書物が収められています。神話があり、歴史物語があり、詩歌があり、知恵の書があります。多様性に富む書物です。これらの書に古代イスラエルの民はどのような思想と信仰を畳み込んだのか、そしてそれが新約聖書やキリスト教へとどのように引き継がれていったのか、日本の思想と比較しながら、具体的に探ってゆきましょう。
授業計画
  1.  4/14 古代イスラエルの歴史概観
  2.  4/21 天地創造物語と国生み神話
  3.  4/28 楽園喪失物語にみる人間観
  4.  5/12 洪水物語とその現代的意義
  5.  5/19 バベルの塔にみる文明批判
  6.  5/26 約束を支えとした父祖たち
  7.  6/2  出エジプトという民族伝承
  8.  6/9  社会法としてのモーセ律法
  9.  6/16 歴史と歴史をみるまなざし
  10.  6/23 預言者体験とその批判精神
  11.  6/30 預言者の内面へのまなざし
  12.  7/7 社会の不条理と苦難の理解
  13.  7/14 唯一神教信仰の成立と特色
成績評価方法 平常点およびレポート試験の総合評価
講義中に直接使用する教科書 月本昭男、2018年、『物語としての旧約聖書(上)』/『同(下)』、NHK出版、いずれも920円(税別)。
上記教科書以外の参考図書  
その他(HP等)  
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU