1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. グローバル社会とメディアの使命:三浦 元
カリキュラム

グローバル社会とメディアの使命:三浦 元

1. エイジング社会の教養科目群

科目コード/科目名 OG128/グローバル社会とメディアの使命
担当者(フリガナ) 三浦 元(ミウラ ハジメ)
開講日程・時限 秋学期・火曜日・4時限
授業方式 対面
単位数 2単位
備考 履修人数制限あり
授業支援システム 立教時間
授業の目標 メディアの歴史や人権との係わり報道の役割・使命などの基本を学び取る。同時に技術革新による番組制作の現状を把握する。聴講生が「自ら考え・判断し・答えを導き出す」能力や「感想や意見を記述する」能力をより一層高める。
授業の内容 メディアを学ぶ「メディアリテラシー」はグローバル化する社会と深く係わる総ての現代人にとってのリベラル・アーツ。流動的・不透明な世界の政治・経済情勢も解説。『5G』時代、深化する米中覇権争い。新たな展開を示すスーパーハイビジョン(4K・8K)放送やVR・AR技術、コンピュータ技術、スマホ展開活用の「新映像時代」を解析。放送と通信が文字通り融合する中で地球的規模の課題から身近な消費生活に至るまで関心の高い番組を取り上げメディアの舞台裏を説く。
授業計画
  1.  9/21 ガイダンス~なぜ晴れた空は青く夕焼けは紅い?Why大切さ~
  2.  9/28 コロナ生命を守る~メディア・報道の使命~
  3.  10/5 延期された東京五輪の価値~オリンピックとテレビ~
  4.  10/19 障害者スポーツ
  5.  10/26 エドワード・マロー~テレビジャーナリズムの神髄~
  6.  11/9 ハゲワシと少女~報道か生命か~
  7.  11/16 ハンセン病~差別とどう向き合うか~
  8.  11/30 コンピュータ活用創造の世界~ディズニーアニメ名画修復~
  9.  12/7 ハリウッド 映像王国の挑戦
  10.  12/14 ドキュメンタリー番組~現代のベートーベンの罪~
  11.  12/21 気候クライシス~地球温暖化の警告
  12.  1/11 『5G』時代~米中覇権争いの深化~
  13.  1/18 プレゼンテーションの極意
成績評価方法 平常点による評価
講義中に直接使用する教科書  
上記教科書以外の参考図書 NHK放送文化研究所、2002、『放送の20世紀』、NHK出版、2000円。
吉岡友治、2013、『いい文章には型がある』、PHP新書、760円。
望月和彦、2003、『ディベートのすすめ』、有斐閣選書、2100円。
その他(HP等) コロナ感染拡大の状況を踏まえNHK放送技術研究所の見学等も検討に視野に入れたいとも考えているが、残念ながら今のところ全く見通しが立たない。
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU