1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. プラチナ社会におけるアクティブシニア論:松田 智生
カリキュラム

プラチナ社会におけるアクティブシニア論:松田 智生

2. コミュニティデザインとビジネス科目群

科目コード/科目名 OG239/プラチナ社会におけるアクティブシニア論
担当者(フリガナ) 松田 智生(マツダ トモオ)
開講日程・時限 秋学期・水曜日・5時限
授業方式 オンライン
単位数 2単位
備考  
授業支援システム Blackboard
授業の目標 活力ある高齢社会を示す「プラチナ社会」において、RSSCのアクティブシニアがいかに社会や多世代と共生して輝くか、大学のアカデミックな視点とビジネスの視点を交えながら、分かりやすくアクティブシニア論を展開する。
授業の内容 次の授業計画に沿って、アクティブシニア論の基本要素の講義と併せて、国内外の臨場感のある具体的な事例を紹介する。さらに受講生の同士のグループディスカッションと発表の組み合わせ、講義→討議→研究→演習の実践的な活動を展開する。毎回、前回の講義のフィードバックを行い、授業の理解度や進捗状況を把握しながら有効に進める。
授業計画
  1.  9/22  プラチナ社会総論(授業ガイダンスを含む)
  2.  9/29  アクティブシニアと新たな市場
  3.  10/6  アクティブシニアと新たな大学
  4.  10/13 アクティブシニアとまちづくり
  5.  10/27 アクティブシニアの挑戦に学ぶ
  6.  11/10 アクティブシニアのコミュニティデビュープラン作成
  7.  11/17 アクティブシニアのコミュニティデビューのプラン発表
  8.  11/24 海外に学ぶアクティブシニアのライフスタイル
  9.  12/1  アクティブシニアと新たな働き方 
  10.  12/8  アクティブシニアと地方創生
  11.  12/15 アクティブシニアと多世代交流
  12.  12/22 アクティブシニアの大学連携型コミュニティ①
  13.  1/12 アクティブシニアの大学連携型コミュニティ②
  14.  1/19 研究のまとめと発表・講評
成績評価方法 平常点による評価
講義中に直接使用する教科書 松田智生、2017、『日本版CCRCがわかる本』、法研、2,500円(税別)。
松田智生、2020、『明るい逆参勤交代が日本を変える』、事業構想大学院大学、 1,500円(税別)。
上記教科書以外の参考図書  
その他(HP等) 三菱総合研究所 研究員紹介: 主席研究員 松田智生
https://www.mri.co.jp/company/staff/0225.html
  • 修了生の声
  • ニューズレター
  • メディア紹介
資料請求
資料ダウンロード
RSSC同窓会サイト
RSSC同窓会社会貢献活動サポートセンター
ニューズレターミニ
公開講座・講演会
としまコミュニティ大学

このページの先頭へ

MENU